簡易燃焼圧解析実験用エンジン

 燃焼圧解析を簡易に行いたいというご希望をいただき、簡易燃焼圧解析実験用エンジンを製作しました。 

 発電機を流用しており、ヒーター等を接続することでエンジンに負荷をかけます。ガバナによりエンジン回転数は3600rpmに制御されます。
画像

画像


 エンコーダーがクランク軸に取り付けられており、クランク角度を計測できます。
画像


 燃焼圧センサはシチズンファインテック製。
画像


 中古エンジンを弊社でリビルトし、価格を抑えた仕様もございます。

 その他、ご希望仕様ございましたら、ご遠慮なくご相談ください。
 





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック