指圧センサー搭載用点火プラグ

この度50ccほどの小型汎用エンジンに燃焼圧センサーを装着したいというご要望を頂いたのですが

小型の汎用エンジンは駄肉を極限までそぎ落としており、センサーを装着するスペースが全くありません

さらに機器としてパッケージされたままの状態で運転したいとの事で、スペースの問題はさらに難しい事に

GX120やEH12などのエンジンでしたら十分なスペースがあるのですが

そこで点火プラグを改造して指圧センサーを搭載できるようにしました
DSC_3201.JPG

ベースとなるプラグはCR5HSBという形式(ネジ径M10、ネジ長12.7mm)

スーパーカブやモンキー等と同じサイズですね

大きなサイズの物でしたら既製品(特注)等があるようですが、このサイズでは見たことがありません

プラグ周辺との干渉を避けるため、ギリギリの大きさで作っています

M5タイプの指圧センサーを装着できます(キスラー6052C、シチズンファインデバイスCAS-15Sなど)
DSC_3202.JPG

燃焼圧は碍子の隙間を通って、センサーまで伝わります
DSC_3203.JPG

燃焼圧の伝わる通路は可能な限り短く設計していますので、気柱振動の心配もありません

脱着の際にはプラグレンチにセンサー周りが干渉するため、専用のプラグレンチも製作しました
DSC_3205.JPG

これでセンサー搭載スペースの無いエンジンへの対応はもちろん、エンジン本体への加工無しで指圧計測が可能となります

他形式のプラグについても対応可能です

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント