ありそうでなかった! タイヤ転がり抵抗測定器(燃費競技車両向け)

燃費競技車両では特に関心の高い「タイヤの転がり抵抗」

皆さん様々な試験機を自作されたり、実走テストにて評価されているようですが、やはり定量的な評価という点で苦労されている様子

そこでタイヤの転がり抵抗測定器を考案しました。

画像


画像


************************************************************************
<主な仕様>
本体寸法:646mm×513mm×254mm
本体重量:約24kg(荷重用錘は除く)
速度範囲:0~50km/h
輪荷重:3~53kg(10kg毎に調整可能)
抵抗検出方式:ロードセル
計測項目:抵抗[N]、速度[km/h]、タイヤ表面温度[℃]、モーター電圧[V]、モーター電流[A]
抵抗測定範囲:0~6N
適用タイヤ:ソーラーカー用16インチ、エコラン用20インチ、14インチ
価格:65万円(税別)
************************************************************************

仕組みはいたってシンプル

ローラー上にタイヤを載せて、錘で輪荷重を掛けます。

ローラーを電動モーターで駆動して、その時の抵抗をロードセルで計測します。

転がり抵抗値を直接計測していますので、絶対値を知ることができます。

実走と違い、計測条件を一定に出来るので再現性もバッチリです。

非接触式の温度計も搭載しているのでタイヤ表面温度も常時観測できます。

今回のものは燃費競技車両向けに特化させていますが、自転車用、バイク用等についても対応させて頂きます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック