府中内燃機関研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS バーキン7のエンジンを弊社FIで制御してみる

<<   作成日時 : 2013/05/16 20:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 ご無沙汰しております。
 nakaji@FCデザインと申します。
 長らくご無沙汰してしまっている間に、イベント等で活躍していたポルシェに代わり、バーキン7が社用車に就任しました。

画像


 ちょっと古風な形をしておりますが、平成15年式のインジェクションモデルです。ちょうど弊社の看板商品はFIシステムですし、ただレクリエーション用にするのはもったいない。
 ということで、バーキン7には実験台となってもらい、開発中の4気筒用FIシステムでエンジンを制御してみました。
 
 今回のシステムは、バーキン7のECUとインジェクターの間に弊社のECUを割り込ませ、燃料噴射のみを制御します。開発中のため機能が限定されていますが、今後充実させていく予定です。

 まずは、インジェクター信号が回転数信号として使えるか確認します。1回転に1回パルスが入っているようなので、今回のシステムが使えそうです。非同期噴射で1回転の間に複数回噴射する制御をしていたり、噴射タイミングを変える制御をしていたりすると、回転数が取得できないため使用できません。
 その後、元々搭載されているECUの噴射時間を確認。アイドリング時のパルス幅を計ります。

画像


 ECUやハーネスの配置を決め、取り付けます。 

画像


 
 マップを書き込みアイドリングさせてみます。右手で調節しているのは弊社FIシステムに付属するダイヤルコントローラーです。ダイヤルを回すことでマップ全体を定数倍します。走行中でも燃調を濃くしたり薄くしたりできます。
 

 マップは、過去作成したものから使えそうなものを探し、書き込みました(マップ画像は参考。実際にECUに書き込んだものとは異なります)。

画像


 走行のほうですが、会社近くの山道を登ったり下ったりして、無事帰ってくることができました。
 ただ、マップが未完成なため、ダイヤルコントローラで人間による空燃比フィードバックが必要です。マップをもっと作りこまないといけませんね。

 走行中の動画や画像は、運転とダイヤルコントローラの操作で乗員が二人とも忙しく、撮れませんでした。またの機会にアップさせていただきますので、今回はお許し下さい。
 
 今後、バーキン7でやってみたことをブログで展開していけたらと考えております。ご期待ください。
 


 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
 アンテナ屋 様
 コメント有難うございました。大変申し訳ございませんが、弊社の手違いでコメントを掲載停止してしまいました。
 トヨタスポーツ800のFI化は弊社としても大変興味があります。
 ご予算や構想など、詳細をメールにてご連絡くださいいませ。
 キャブレータ回りの写真等もお付けいただけますと幸いです。
 スロットルボディの加工については、ご要望にあわせて柔軟に対応させていただきます。
 よろしくお願い申し上げます。
nakaji
2015/06/18 21:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
バーキン7のエンジンを弊社FIで制御してみる 府中内燃機関研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる