府中内燃機関研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS ローコストでの評価システムの構築

<<   作成日時 : 2017/02/21 10:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


今回はちょっと変わったお仕事のご紹介

・「とある特殊なもの」を燃料と一緒に燃焼させて性能を取りたい
・混合ではなく別経路での供給で、供給量を可変にしたい
・古い動力計があるのでそれを使いたい
・なるべくお金の掛からない方法でお願いしたい

ということで、上のようなシステムを構築しました

動力計はかなり古そうですが、動作には問題なかったのでそのまま使用できました
画像


動力計のベースも可能な限り流用しました

エンジンは「なるべく小さいディーゼルエンジン」をご希望だったので

ヤンマーの空冷ディーゼルエンジンでも最少排気量のL35に変更
画像


滅多に出てこないレア物ですが、たまたま中古で入手できました

もちろん分解整備を実施して、どうしてもダメな部品だけ交換
画像


合わせて、ベンチ試験では邪魔になるガバナを外します

それにしても、こんな古くて珍しいエンジンでも部品が供給されるってすばらしいですね!

エンジンが変わったので、マウント部分は新規で製作しました
画像


通常の燃料(軽油)は定番のコリオリ式流量計で計測
画像


計測の簡便さ、精度を考えるとこれは外せません

「とある特殊なもの」は吸気スペーサーに装着したインジェクターから供給されます
画像


供給量の制御はFI-M digitalで行います
画像


供給圧力は電動ポンプではなくエア加圧方式
画像


エコランではおなじみですが、ベンチ試験ではあまり使われない方式です

というのも、「とある特殊なもの」には燃料ポンプは使えないのでこの方式となりました

これで通常燃料のみでの運転状態から、「とある特殊なもの」を供給したり、供給量を増減したりすることで

より確実で再現性の高い性能評価が行えます


FCデザインではお客様のご要望に応じて、お客様の「測りたい!」を応援させて頂きます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ローコストでの評価システムの構築 府中内燃機関研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる