府中内燃機関研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS オールドタイマー誌に掲載いただきました

<<   作成日時 : 2010/04/07 10:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


オールドタイマー4月号(No.111)に以前ブログでも紹介したZ360-FIを掲載いただきました


オーナー様が取材を受けられて、技術的なところはFCデザインでということで編集部の方からお問い合わせいただき、今回の掲載にいたりました。

画像


おかげさまで、掲載以来いろいろお問い合わせいただいています。

お手紙でお問い合わせをいただいたこともありスタッフ一同驚きとうれしさがありました



よくお問い合わせいただく内容を記載させていただきます。

「いくらになりますか?」

FI化にかかる金額は全部込みで425,600(税別)になります。(記事の内容そのままになります。)
キットの内容は
・ECU(各センサーの状態を検知してインジェクタを駆動させエンジンを制御します)
・スロットルボディ(キャブの代わりにつけるものになり明日ツインボア、4インジェクタ)
・燃料ポンプ(燃料を加圧するために必要になります。)
・燃料配管キット(チューブ、カプラ、燃圧計、燃料フィルタ)
・ハーネス(各センサー、インジェクタとECUを接続します。)
・その他もろもろ(温度センサー、回転センサーなど)

上記キットで、ほぼ、エンジンを始動することができるセットになっています。

上記の部品をご自身で集めることで安くできます。
集めたものを持って来て「これをつけてください。」はご相談しだいです。
どの車種のどの部品が使えるかはご相談しだいです。

情報があればブログにてアップさせていただきます。

画像



「その他必要なものはありますか?」
パソコン(できればノートパソコンが好ましいです。)
シリアル通信ができる環境(USB機器として市販されているものでかまいません。弊社でも取り扱っております)
プラグを抵抗入りのものに変えてください。
(抵抗無しのプラグはノイズが強く出てしまい、ECUを誤動作させます。)


「取り付けは?」
基本はご自身で取り付けていただくキットになっております。

カーステレオやキャブをご自身で換装された経験があれば取り付けはそんなに難しくありません。

エンジンがかかるまで電話、メールでサポートいたします。
(出張等で通りがかるなどがありましたらそのときに見てみるなどもできます。)

弊社が取り付けることも可能です。
(取り付け費、交通、運送費は別途見積もりになります。
 また、他業務の兼ね合いで仕上がりが遅くなる場合もあります。)

弊社に来て、泊り込んでご自身で取り付けるということもできます。(一緒に焼肉しましょう。)


「広島までは遠いので近くに取り付けられる、相談できる専門ショップなどはないですか?」

今のところありません。

弊社のFIシステムをよく知っておられる方を近くで紹介することはできると思います。



「セッティングは?」
基本はご自身でしていただくキットになっております。
同時に空燃比計もお勧めしております。
空燃比計のアナログ出力をECUに取り込み、ログ、モニタで同時に表示させることができます。
AF値を色分けできるので、どこが薄い、濃いというのがわかりやすくなります。

パソコンと空燃比計を使い、ゲーム感覚でセッティングを行うことができます。


このほかでご不明な部分はメールでお問い合わせください。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
オールドタイマー誌に掲載いただきました 府中内燃機関研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる